『あなたの番です』8話あらすじ時系列まとめ!そらくんが見たのは榎本家のもう1人の住民?

『あなたの番です』は毎週日曜日22:30から日テレで放送されている、2クールに渡って繰り広げられるミステリードラマです。

こちらの記事では、6月2日(日)に放送された『あなたの番です』8話の内容についてまとめています。

あなたの番ですの見逃し動画
『あなたの番です』全話とHulu限定のオリジナルストーリー「扉の向こう」を見れるのはHuluだけです!今なら『あなたの番です』全動画やドラマ、映画の作品を2週間無料で見放題のお試しトライアルを実地中!

今すぐHuluで動画見放題を楽しみたい方はコチラ

『あなたの番です』8話あらすじ

『あなたの番です』8話のあらすじや登場人物の情報などを、時系列でまとめて紹介します。ネタバレしていますのでご注意ください。

菜奈(原田知世)は、久住(袴田吉彦)と朝男(野間口徹)が倉庫のエレベーターから転落した事故について、刑事の神谷(浅香航大)と水城(皆川猿時)から取り調べを受ける。

何者かが朝男の殺害依頼をネットに書き込み、その疑いが菜奈にかけられたのだ。

菜奈が取り調べを終えマンションに戻ると、引っ越そうとする澄香(真飛聖)と、それを止める洋子(三倉佳奈)がもめていた。パニック状態の洋子は「私、殺されるの! この人のせいで!」と菜奈につかみかかる…!

疲れ果てて帰宅した菜奈を、翔太(田中圭)が抱きしめる。しかし、菜奈は翔太に相談する元気すらなくなっていた。

菜奈のために真相を突き止めたい翔太は、103号室の田宮(生瀬勝久)を訪ねる。すると、田宮と妻の君子(長野里美)が言い争っていた。翔太は田宮に懇願し、彼が書いた名前と引いた紙に書かれていた名前を聞き出すことに成功。

翔太は、菜奈、早苗(木村多江)、黒島(西野七瀬)を集めて、自分が考えた推理を語る。浮田(田中要次)を殺した可能性のある人物として、4人の住民の名を挙げる翔太。その中には、意外な人物が入っていて…。

菜奈と翔太は次の殺人を止めるべく動くが、またしても犠牲者が…!果たして、殺されるのは誰なのか―――!?

『あなたの番です』8話・時系列まとめ

細川が死亡

  • エレベーターから転落した細川(野間口徹)と久住(袴田吉彦)
  • 細川は息を吹き返すが、頭部からの出血に気づき、もう死んでしまうと感じ、菜奈に最後に感謝と謝罪のメールを打とうとしたがその前に息絶える。
  • 久住も同じく息を吹き返すが「ごめんなジェシー、お前のせいじゃないからな」と呟き、再び意識を失う。
  • 翌朝、水城(皆川猿時)と神谷(浅香航大)が菜奈(原田知世)に任意同行を求めに来た。
  • 翔太(田中圭)と菜奈は病院で細川の遺体を確認し、ショックを受ける。
  • ネット上で細川を殺すように依頼する書き込みがあり、水城たちは菜奈の書き込みではないかと疑っている様子。

警察の調べ

  • マンションの住人に関連する人物が殺害されている事件について捜査会議が始まる。
  • 神谷の報告では、事故があったエレベーターの元管理者は久住だった。
  • 監視カメラが壊れていてエレベーターに細工をしたのか証拠は無いが、倉庫内には久住の工具が残されていた。
  • 久住の後輩の証言で、久住はエレベーターマニアで普段からマンションのエレベーターもいじって遊んでいた。
  • マンションのエレベーターにはアンジェリーナという名前をつけ、到着音を消すなどの細工もしていた。ただ、現状は故意か事故かの確証はないということで、菜奈から調べられることになった。
  • 取調べにて、ネットの書き込みをしていないと主張する菜奈。
  • 水城は信じられない様子だが、ゲームのことは神谷から口止めされているためうまく説明できない。

翔太が疑う人物たち

  • 菜奈が取調べを受けていることで、細川と菜奈の本当の関係について黒島と早苗に教える翔太。
  • 久住の事件と浮田(田中要次)の殺害は関係があるのか疑問をもつ黒島(西野七瀬)
  • 浮田が殺されたということは田宮(生瀬勝久)、尾野(奈緒)、管理人の誰かが浮田の名前を書いたことになる。
  • 早苗は一番仲が悪かったと思う管理人が書いたのではと推測する。
  • 誰が書いたとしても浮田の紙を引いた可能性があるのは田宮、シンイー、尾野、赤池、管理人の5人。赤池と管理人はすでに死亡しているので、他の3人が疑わしいと翔太がまとめる。
  • 黒島たちとの話し合いから帰る途中、尾野が部屋から出てきた。
  • 以前の発言を謝罪し、お詫びとしてオイルマッサージを取り出し手や耳にマッサージを始めた。
  • 翔太は管理人の手作りのネームプレートを飾っている尾野に、管理人や浮田と仲が良かったのか尋ねるが、あまり関わりは無かったと尾野は答えた。

神谷の不審な言動

  • 殺人依頼の書き込みがあったスマートフォンをたどると、まったく関係の無い女性のもので、ジョギング中に男性に急用だから貸してほしいと言われたという。その男は袴田吉彦に似ていたと話していたことで久住の仕業と判明。菜奈は釈放された。
  • 警察署を出る菜奈に神谷が声をかけ、喫茶店で話し始める。
  • 神谷から、交換殺人のことは警察内にはまだ報告していないと言われ驚く菜奈。
  • 菜奈は一人で調べていることで、捜査が進まず浮田や細川が亡くならなかったのではと責める。
  • 菜奈と神谷が別れたあと、正志(阪田マサノブ)が現れ、余計なことをしゃべっていないかと神谷に釘を刺す。

北川がマンションから去る

  • そらがマンション内でキックボードをしていて、早苗の部屋の前で転倒すると、中から誰かが顔を出したことに怯える。
  • 菜奈がマンションに戻ると、引越ししようとする北川(真飛聖)を逃げるなと止めようとする石崎(三倉佳奈)。
  • ローンを払わないといけないのでマンションから出ることができない石崎は自分が殺されるのが不安でおかしくなっていた。
  • そこへ、そらを抱きかかえた早苗(木村多江)が降りてくるが、そらは怯えたまま。
  • 菜奈が部屋に入ろうとすると、翔太が尾野の部屋から出てくるところだった。
  • 尾野の部屋で何をしていたかたずねると、尾野が書いた紙と引いた紙について・・・と話し出そうとする翔太だったが、菜奈が疲れているから今は聞かないと話を遮る。

田宮の書いた紙、引いた紙

  • 細川の葬式に向かう菜奈を見送ったあと、翔太が一人でマンション内を歩きまわる。
  • 田宮が妻と言い争いながら出てくるところに遭遇し、引いた紙と書いた紙を教えてほしいと聞く翔太。
  • 言いたくないと断ったうえ、演劇以外のことに時間をとられたくないと話す田宮。
  • お願いを続ける翔太を見て、「熱意は人一倍だが、頑張る方向を間違えて周りが困るだけなところが自分の昔の姿と同じなので気をつけろ」と忠告する田宮。
  • 田宮は書いた紙が自分の元部下の「こうのたかふみ」(菜奈が引いた紙)、引いた紙が「ゴミの分別ができない人」と書いていたと翔太に告げる。
  • 管理人室から蓬田(前原滉)が出てきたところに、北川はどうなったのかと声をかける木下(山田真歩)。
  • 引越し先を訪ねるが蓬田は知らないと言う。
  • 仕事先は分かるといってローカルラジオの音源を聞かせると、このことはすでに木下は知っていた。
  • 蓬田は住人全員をネット検索していたと話し、木下には「本名で活動していますよね?」と問いかけるが人違いだと木下は少し慌てて離れていった。
  • 藤井(片桐仁)はシンイー(金澤美穂)やイクバル(バルビー)、クオン(井阪郁巳)と出くわす。お互い静かにしていようと話しかける藤井。
  • 包丁に書いた脅しは藤井がやったことを話し、シンイーたちには職場のPCをハッキングしたことは許してあげると言うが、シンイー自身は何のことか分からない様子。
  • 藤井はイクバルやクオンがハッキングしたと疑っているが、クオンはお互い警察沙汰は困るだろうと主張する。
  • 藤井は赤池夫婦と袴田吉彦、どちらを殺したのか教えろとシンイーたちに問いただすが、エレベーターから黒島が出てきたので話は途中で終わってしまった。
  • 夜、黒島がマンションを出ると、後ろに人影がいた。(誰かは不明)

捜査が進展しない警察

  • 袴田吉彦の事件が週刊誌にも記事になっているが、複数犯の犯行ということまでしか分かっておらず、
    山際の事件もいまだに頭部が見つかっていない。
  • さらに赤池夫婦や児嶋の事件も未解決のままで、捜査が行き詰っていると話す水城、神谷、警察関係者たち。
  • そこへ浮田の事件で現場に残っていた足跡が壁に残っていることが分かり、不自然な場所にあることを不審がる水城たち。
  • 靴のサイズは26.5cmなので、男性か、大柄な女性だと絞り込んだ。
  • 可能性として、浮田はヤクザの抗争に巻き込まれた線もあるという刑事。
  • だが浮田が所属していたところはほとんど機能しておらず、果樹園などから果物などを盗み横流しすることで生計を立てていたことが分かった。家賃も滞納していた。
  • 赤池夫婦はそれなりの資産家。犯行当日は浮田・柿沼・妹尾はアリバイが無かった。

黒島と早苗を疑う翔太

  • 黒島の家に集まる早苗、菜奈、翔太
  • ゲームをやったときの様子についてたずねる翔太。
  • やりたがったのは数人で、他は嫌々参加していたという早苗たち。
  • そんな中で誰かが白紙で紙を出したことを不審に思う翔太。そしてどうして北川がその場で白紙だったと言わなかったのか気になるという。
  • この中で嘘をついている人がいるのではと以前推測したように、引いた紙が本当のものかどうか疑わしいものはいくつかあると言い、早苗の「電車の席を譲らない人」、黒島の「織田信長」、田宮の「ゴミの分別ができない人」というのも怪しいと言う翔太。
  • 誰の名前を書いたか分かっていないのは管理人と尾野
  • 誰が引いたか分かってない紙が浮田と管理人
  • すると、管理人と尾野が書いた紙は浮田と管理人のどちらかになるはず。となると尾野が管理人と書き、管理人が浮田と書いた場合、「書いた紙」が全部埋まるが、黒島と早苗が引いた紙を書いた人が誰もいないことになる。
  • それは北川と田宮も同じだが、ここいる2人からまず話しが聞きたいと言う翔太。
  • 翔太は浮田を殺したのはこの4人の誰かではないかと考えている。
  • 菜奈は石崎が引いた「吉村」と書かれたものも嘘かもしれないと言い張るが、石崎は自分の名前を書いたことで怯えているので嘘は言わないだろうと説明する翔太。
  • おそらく、参加者の中には書いた紙の嘘を言っている人もいると考えている。
  • 管理人も自分の名前を書く場合もあるのかもしれないと言う菜奈に、自分のことを管理人「さん」と書くだろうかと疑問を持つ翔太だったが、いろいろ曖昧なまま、早苗や黒島を疑うのは失礼だと言う菜奈。
  • 結局穴が多すぎるのではという菜奈の指摘に何もいえなくなった翔太は2人に謝罪する。

榎本夫婦の怪しい動き

  • 部屋に戻ってからも菜奈に謝罪する翔太。
  • ただ、実は早苗のことは気になっているという菜奈。
  • 神谷と喫茶店で話したとき、他の刑事に相談すると話すと、ゲームに関してはある事実をつかんでいるが、これは一人で捜査したほうがいいと判断していると言っており、2人で会っていることは正志にも秘密にしてほしいとのことだったが、それ以上のことは教えてくれなかったと言う。
  • 手がかりをつかんでいて正志に言えないのはおかしい、管理人が殺されたときも、一人で正志が管理人室にいたのも不審であるので、早苗のために何かを隠しているのではないかと推測する翔太。
  • 急に怖くなり、この先は警察に任せようと言う菜奈。
  • 榎本の部屋では2人が話しており、「いろいろバレてしまうと、あっちの夫婦に負けたみたいだ」と発言する。
  • 部屋の奥ではラジオが流れ始める。

甲野貴文が死亡

  • 劇団員を連れて、使われていない店に案内する田宮。
  • ステージがある店なのでここを借りて練習しようと提案する。
  • 趣味の範囲でやっている劇団だが、田宮はプロ志向でいきたいと主張し、賃貸料は自分が払うから問題ないと説得する。
  • 田宮が勤めていた銀行が分かった翔太は翌日菜奈と二人で銀行を訪れる。
  • 甲野に接触して、身辺に注意してほしいと警告しに行こうと提案する翔太。
  • 2人の対応した銀行員に甲野を呼び出してもらおうとするが、甲野という人はいないと言われる。
  • だが、菜奈はその銀行員だけ名札をつけていなかったことに気づく。
  • 他の銀行員に甲野がいるかたずねると、さっき2人を対応した男性を指差した。
  • どういうことか混乱した2人だが、銀行の外で甲野に声をかける2人。
  • 田宮からすでに注意するように言われたことを軽い調子で話し、去ってしまう甲野。
  • あまり重く受け止めていない様子の甲野を心配した翔太は、もう一度注意しにいくといい後を追いかけて声をかけると「本当に襲ってるんじゃねぇよ」と言い残し、口から血を出し倒れてしまった。

『あなたの番です』はhuluで配信中!

『あなたの番です』とhuluオリジナルストーリー「扉の向こう」は、現在huluにて過去放送すべてを配信中です。

テレビで放送された話は、すべてこのhuluで視聴できます。


Huluで『あなたの番です』の動画を見る

huluの月額料金は933円! 月額料金を払えば、サイトにあるドラマや映画すべてを視聴できますよ。

初回申し込みの方に限り、2週間のトライアル期間も利用できます!第1章を見返したい方は、この機会にトライアル期間を利用してみては?トライアル期間の2週間は、huluを無料で楽しむことができます。

『あなたの番です』の関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です